ルイ・ヴィトン

ルイヴィトン買取

ルイヴィトンの歴史

フランスの小さな村で生まれた創業者ルイ・ヴィトンが、1854年に世界初の旅行バッグ専門店を開いたことから歴史が始まる。ヴィトンのトランクの評判は、ナポレオン三世皇妃ユウジェニーが旅行用衣装箱を発注するまでになり、それをきっかけにヨーロッパ中の王族が競うようにルイ・ヴィトンにオーダーするようになり、ルイ・ヴィトンの名声は一気に高まった。

モノグラムライン

モノグラムルイヴィトンのシンボルとなっているモノグラム。耐久性・堅牢性・柔軟性を兼ね備えた特徴 防水性にもすぐれている。

モノグラム・マルチカラーライン

マルチカラーアーティスト村上隆の手によって誰もが知っているモノグラム柄を33色のカラーバリエーションで表現したライン。ノワール(ブラック)とブロン(ホワイト)の2色展開。

ダミエライン

ダミエ1888年により数年間、ルイヴィトンのトランクに使用された市松模様のキャンバスを現代に復刻。
優雅なデザインのバッグや小物にあしらわれている。アズールとアべヌの2色展開。

エピライン

エピ1920年代にルイヴィトンが使用していたグレインのパターンをヒントに新たに開発された素材の一つ。 クロム塩と植物タンニンでなめしたあと奥深くまで染色し防水性・耐久性に優れたレザーです。

タイガライン

タイガ厳選された上質な牛革に上品な型押し革は落ち着いた大人の雰囲気をさりげなく演出。

ダミエ・グラフィットライン

ダミエ グラフィットダミエラインの新色がメンズの別ラインとして2008年に登場。伝統の市松模様のキャンバスにクールなブラックカラーが都会的な雰囲気を演出する人気ライン・グラフィットの意味は英語読みでグラファイト(石墨)の意味。